基本技




 

準備体操

準備体操・呼吸法
1、天遊 深呼吸 吐いて吸う、身体を十分に脱力前屈しながら一気に全部吐く(邪気を出す)
  ゆっくり上体を伸ばして吸う(足芯呼吸)

1、華輪 肩幅位に足を開いて腕を身体に巻きつける様に振る。下からゆっくり脱力を意識して
  首の後ろをたたける高さまできたらゆっくり下していく。

1、華輪 体を大きくねじりながら腕を巻きつける様に振る。下半身を安定させ中心を意識する
  でんでん太鼓のように

1、関節柔軟 小手返し・一教・二教・三教・・・
  全ての柔軟は身体の中心を意識して姿勢をただし行う、技の掛け方の鍛錬にもなる意識で行う

1、挙手振動 両手をしっかり上にあげて二の腕を振る意識で、肘から上は脱力する。
  腕がだるくなり血液が下に降りてきた感じが出たら一気に下す。稽古中腕を痛めた時にも有効

1、足腰回し柔軟 足首・膝・腰回し、アキレス腱のばし、体の中心を意識して

1、船漕ぎ(鳥船)運動 左足を前に出しエッホー、右足を前に出しエッサー
  手を前に出す時に指を開く、手を引く時に指を握る。足は居合の基本姿勢で腰の高さを変えない

1、振魂 両手を上に高く上げ、軽く卵を握る感じでゆっくり振りながら下します。丹田に意識を
  集中して行う。必ず船漕ぎ運動とセットで行います。(神官・山伏の行の一つです)
 
1、(座位で各関節柔軟) 片手前受身など

1、転換
2、(抜き手)
3、前回り受身・後回り受身
4、膝行
5、(木刀・杖) 素振り・型
6、(背伸ばし)

 

上級編

 

中級編




 

基本技 初歩編〜初級編





 

合氣道 固め技

*合気道の固め技にはいろいろな型がありますが、剣の理合い・剣の手引・杖の手引に基づいて
 合理的な抑え固め技を画像にて説明いたします。基本は相手からの反撃を受けないように相手を
 うつ伏せにする場合が多いですが、関節(主に順関節に)を複数同時に極めて相手の動きを
 抑えます。

四方投げから抑え


小手返しから抑え


回転投げ抑え


一教から抑え


相半身二教

逆半身二教


二教から抑え


三教極め


三教抑え

三教抑え(立)


*参考までに

四教抑え(立)


五教抑え

 

個人練習 準備体操

準備体操 受身・膝行


受身基本                     


木刀・剣の素振り


抜き手


杖の素振り

31の杖


三段打ち 剣対剣 型

三段打ち 剣対杖 剣の型 杖の型


天地投げ 左右 杖の型

 

31の杖

 

合気道稽古風景画像保管庫


携帯版

(マキアージュ) の携帯版ホームページ (マキアージュ) の携帯版ホームページはこちらからアクセス- 携帯に送信 -